J-ISMS UGヘッダー
contents TOP >イベントセミナー > 開催終了のイベント・セミナー
日本ISMSUGとは
定款・会員規則
会員・後援団体
入会案内
イベント・セミナー
お問い合わせ
 
イベント・セミナー
開催終了のイベント・セミナー (本セミナーは終了しております。)
日本ISMSユーザグループ
「情報セキュリティマネジメント・セミナー2010」のご案内
 セミナー概要
日本ISMS ユーザグループ「情報セキュリティマネジメント・セミナー2010」を以下のとおり開催しますので、ご案内させていただきます。

本セミナーでは、日本ISMSユーザグループで検討を進めている、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の実施・運用に関わるベストプラクティス」を、利用者の視点から整理・検討した結果を報告します。具体的には、以下のプログラム(予定)のとおり、現在のISO/IEC SC27のISMS関連規格の動向把握に加え、日本ISMSユーザグループメンバの実施経験をベースに、ISMS実施・運用に関わる課題を導出し、主に運用管理、内部監査、及び有効性評価などの課題に焦点を絞った具体的な解決方法に関する検討内容を共有します。

 開催概要
日 時 2010年12月21日(火)13:30−17:30(13:00受付開始)
会 場 早稲田大学国際会議場
住所:〒169-0051 新宿区西早稲田 1-20-14
(会議場固有の住所です)
主 催 日本ISMSユーザグループ
定 員 100名
費 用 無料
ご注意 ・定員となり次第お申し込みを締め切らせていただきます。
・記載の内容は予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
・会場での資料配布はありません。あらかじめホームページからダウンロードの上、ご持参ください。
・資料は、セミナー開始3日前からダウンロード可能となります。
 プログラム
講演内容(予定) スピーカー(予定) PDFファイル
1 セミナー開催のご挨拶
(13:30-13:40)
日本ISMSユーザグループ
代表 中尾 康二
2 我が国における情報セキュリティマネジメントの推進戦略
(13:40−13:55)
経済産業省
情報セキュリティ政策室長 山田 安秀
3 ISO/IEC27000シリーズの改訂(ISO/IEC27001を含む)とSC27におけるクラウドセキュリティ規格化の動向
(13:55−15:10)
工学院大学
山崎 哲
終了
休憩(15:10−15:25)
4 標準的なリスク分類と具体的な管理策の対応のモデル化
日本ISMSユーザグループ インプリメンテーションワーキンググループ
(15:25−16:05)
リコー・ヒューマン・クリエイツ(株)
羽田 卓郎
終了
5 管理策の有効性評価を効果的に行うモニタリング手法のモデル化
日本ISMSユーザグループ インプリメンテーションワーキンググループ
(16:05−16:45)
NTTコミュニケーションズ(株)
魚脇 雅晴
終了
6 ISO/IEC27001における「有効性測定」
日本ISMSユーザグループ メジャメントワーキンググループ
(16:45−17:25)
綜合警備保障(株)
岸田 明
終了
7 本日のまとめと入会のご案内
(17:25−17:30)
日本ISMSユーザグループ
事務局長 中野 富也

 お申し込み方法
本セミナーの受付は終了いたしました。

 会場地図
早稲田大学国際会議場のご案内

最寄り駅
地下鉄東西線 (早稲田駅 徒歩5分) 3a出口 又は 3b出口
地下鉄東京メトロ副都心線 (西早稲田駅 徒歩17分)
JR山手線、西武新宿線 (高田馬場駅下車 徒歩20分)
都電荒川線 (三ノ輪橋 - 早稲田 徒歩5分)
バス 高田馬場駅 - 早大正門、渋谷駅 - 早大正門、新宿西口 - 早稲田、上野広小路 - 早稲田

 本件お問い合わせ先
日本ISMSユーザグループ事務局
(NTTデータ ・セキュリティ内)
E-mail:seminar2010@j-isms.jp





会員専用