J-ISMS UGヘッダー
contents TOP >イベントセミナー > 開催予定のイベント・セミナー
日本ISMSUGとは
定款・会員規則
会員・後援団体
入会案内
イベント・セミナー
お問い合わせ
 
イベント・セミナー
開催予定のイベント・セミナー (本セミナーは終了しております。)
日本ISMSユーザグループ
「情報セキュリティマネジメント・セミナー2015」のご案内
 セミナー概要
日本ISMS ユーザグループ「情報セキュリティマネジメント・セミナー2015」を以下のとおり開催しますので、ご案内させていただきます。

日本ISMSユーザグループでは「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の実施・運用に関わるベストプラクティス」を、利用者の観点から整理・検討を進めております。本セミナーの前半ではISMS運用に関わる周辺情報の提供として、日本政府におけるサイバーセキュリティに関する取り組み、ISO/IEC JTC1/SC27にて議論されているISO/IEC 27000シリーズの動向、さらにInternet of Everything(IoE)のISMS上の課題について、各識者によりご講演いただきます。後半では、日本ISMSユーザグループメンバの実務運用経験をベースに、インシデントについての特効薬、及びISMSを成功させるCISOの条件について、本ユーザグループで検討した具体的かつ実践的な方法論を共有します。

 開催概要
日 時 2015年12月18日(金)10:00−17:30(9:30 開場)
会 場 工学院大学新宿キャンパス
[高層棟3階]URBAN TECH HALL(アーバンテックホール)
住所:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1丁目24番2号
http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html
主 催 日本ISMSユーザグループ
定 員 250名
費 用 無料
ご注意 ・定員となり次第お申し込みを締め切らせていただきます。
・記載の内容は予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
・会場での資料配布はありません。あらかじめホームページからダウンロードの上、ご持参ください。

*本年度のセミナーは、10:00開始です。お間違えのないようにお越しください。
 プログラム

講演内容 スピーカー PDFファイル
1 セミナー開催のご挨拶
(10:00-10:10)
日本ISMSユーザグループ
代表 中尾 康二
(KDDI(株))
2 我が国におけるサイバーセキュリティ戦略について
(10:10−10:40)
内閣サイバーセキュリティセンター
内閣参事官
藤田 清太郎 様
掲載終了
3 経済産業省のサイバーセキュリティ政策について
(10:40−11:10)
経済産業省 商務情報政策局
情報セキュリティ政策室
室長補佐
上坪 健治 様
<配布資料なし>
4 ISO/IEC 27000シリーズの動向
(11:10〜12:10)

国際標準化を行うISO/IECの合同委員会(JTC 1)において、SC27/WG 1が担当する情報セキュリティに関する規格の全体について、分かりやすくお伝えする。
富士通株式会社 IT戦略本部
山下 真
掲載終了
休 憩(12:10−13:10)
5 IoE時代のISMSの課題
(13:10−13:50)

Internet of Things(IoT)を超えて、Internet of Everything(IoE)が現実的になってくると、セキュリティマネジメントを取り巻く環境が大きく変化する。ビジネスはますますInternet依存を強め、技術の変化がIoEの普及を加速する。モノも個人もサーバー群もすべてがつながる世界では、さまざまな要素が複雑に影響しあい、脆弱性の対策は複雑化し、取り巻く脅威は格段に深刻になるに違いない。そのような環境では、ISMSはどのような課題に直面するのか、さらには、企業の枠を超えたどのような取り組みが必要になるのか、などについて考察を加える。
工学院大学
大木 榮二郎
掲載終了
6 クラウドサービスにおけるリスク対策のためのISO/IEC 27017の効果的活用法
(13:50−14:50)

安全なクラウドサービス利用を目的とし、クラウドサービス利用者及びクラウドサービス事業者が実践すべき管理策および実施の手続きを制定する国際規格ISO/IEC 27017の策定が発行段階となっている。
ビジネスにおけるクラウドサービスの利用は、ますます重要性が増しており、その情報セキュリティは、ビジネスに多大な影響を与える。ここでは、クラウドサービスの利用および提供の際に潜むリスクに着目し、それらのリスクに対して、効果的に対応するたえのISO/IEC 27017の活用法を解説する。講師は、わが国のSC27/WG 1の主査として、又これまでISO/IEC 27017の規格策定をプロジェクト・エディターとしてリードしてきており、ISO/IEC 27017を取り巻く関連する活動を含めて、最新動向を解説する。
SC27/WG 1
主査 山崎 哲
掲載終了
休 憩(14:50−15:00)
7 減らないインシデントの特効薬(仮)
(15:00−16:00)
メール誤送信や紛失/盗難等のインシデントを題材にインシデント発生のメカニズムを徹底分析し、インシデントの発生しにくい環境作りやリスクアセスメントの分析手法の標準化を模索する。また、現場で具体的なセキュリティ対策として何をすべきか明確な道標を示す。
インプリメンテーション研究会
副主査 魚脇 雅晴

掲載終了
8 ISMSを成功させる理想的なCISOの条件(仮)
(16:00−17:00)
1人のスーバーCISO(情報セキュリティ最高責任者)がいれば、組織のISMSは有効に機能させる事ができるのか。その場合、スーバーCISOにはどのような役割・責任と能力・力量が要求されるのか。スーパーCISOの役割を現実の組織にあてはめた場合、ISMS事務局と組織のISMS推進者との関係はどうあるべきか。
インプリメンテーション研究会
主査 羽田 卓郎
(リコージャパン(株))
掲載終了
全体の質疑応答(17:00−17:15)
9 入会のご案内
(17:15−17:30)
日本ISMSユーザグループ
事務局長 小澤 隆一
(NTTデータ先端技術(株))

 お申し込み方法
※本セミナーは終了いたしました。

多数のご来場、ありがとうございました。
来年も情報セキュリティマネジメント・セミナーの開催を予定しております。

 会場地図
工学院大学新宿キャンパス
[高層棟3階]URBAN TECH HALL(アーバンテックホール)のご案内
ご注意)地下1階のエレベータは、3階のアーバンテックホールには止まりません。
地下ルートで来場する方は、地上1階で、高層棟エレベータにお乗り換えください。

最寄り駅
JR「新宿駅」下車、西口より徒歩5分
京王線、小田急線、地下鉄各線「新宿駅」下車、徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」下車、徒歩3分
西武新宿線「西武新宿駅」下車、徒歩10分

 本件お問い合わせ先
日本ISMSユーザグループ事務局
(NTTデータ先端技術株式会社内)
E-mail:info@j-isms.jp





会員専用